1. Top
  2. Blog
  3. FUKUOKA
  4. 主役も張れる名バイプレイヤー
2018 Oct 22

主役も張れる名バイプレイヤー

こんにちは、福岡店の新谷です。

 

皆様、今年の秋服選びは順調にお進みですか?

毎年この時期はウキウキする反面、何を着たらいいのか分からない!という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

というわけで本日は、この時期の服選びに迷ったらまずこの一枚!というお勧めの『シャツ』をご紹介致します。

 

こちらのバンドカラーシャツは、その時々のシーンに合わせた使い分けが出来る非常に実用性の高い仕上がりとなっています。

 

Wool Band Collar Shirt (D.OLIVE) 24,000yen+tax / CONFECT

 

フェルト状に圧縮し繊維密度を高める加工に、本来なめらかなサージ生地つかうことで、軽く柔らかで温かみのある素材に仕上げています。

視覚的にも温かみがあるため、シャツでありながらアウター感覚でも活躍をします。

 

 

脇の縫い目を跨いだ位置に設定されたポケットは、リアルな普段使いで自然に手を持っていき易いポジショニング。

ディテールが抜き出て、立体感も生まれシルエットが映えるのも◎です。

 

 

身頃は前後で裾のデザインが異なり、前がラウンド、後がスクエアとなったカッティング。

これにより、重ね着をした際に丈にメリハリをつけられるのはもちろん、ボトムスのポケットに手を入れた際に生地がもたつかず、美しいシルエットを保つことが出来ます。

 

そしてもちろんベースはシャツである為、インナーとしての働きぶりにも抜かりはありません。

 

Shetland tweed hunting coat(khaki)65,000yen +tax / HAVER SACK

Moleskin Wide Tapered Trousers ( Kinari ) 30,000yen + tax / CONFECT

 

インナーとして取り入れる際、すっきりとしたバンドカラーはアウターの邪魔をせずしっかりと名脇役に徹してくれます。

 

コートを開けて着た時にきらりとさりげなく輝く貝ボタンしかり。

その輝きがうまく分散され、より色映えするボタン間隔しかり。

さまざまなコーディネートバランスがキマる玄人感漂う着丈しかり。

流石は名脇役。

主役のコートを立てながらも、シャツとして、インナーとしての存在感と安定感があります。

このさりげないさ。

たまりませんね。

噛めば噛むほどとはよく言ったもので、袖を通すごとにシャツの良さがわかります。

 

ここまで書いてみて、ふと気付いてしまいました。

お伝えしたい事柄が多すぎて収まり切りません。

このシャツの他にも、あらゆる目線、角度からの切り口でCONFECTらしいこだわりを詰め込んだ精鋭達が顔を揃えていますが。

まずはこのシャツの髄を味わいに、是非一度店頭までお越し下さいませ。

皆様のご来店お待ちしております。

 

 

 

P.S.

起毛リネンジャケットの特集ページを組んでおります。ぜひご覧ください。

 

 

"CONFECTの起毛リネンジャケット

関連アイテム