1. Top
  2. Blog
  3. FUKUOKA
  4. 25とパーカ
2019 Mar 2

25とパーカ

みなさまこんにちは。

 

福岡店の新宮です。

 

 この世の中には花粉というものが存在し、それによって引き起こされる花粉症を患っている人も多数います。私もその中の一人で、最近は鼻炎薬と箱ティッシュが手放せません。

何でも日本人の25%が花粉症であるとか(諸説アリ)。

もしこの記事を読んでくださっている中に 25 %の同志がいらっしゃいましたら、お互いに乗り越えましょう。

 

さて、本日ご紹介致しますのは

 

 

 

 

 

 

Sulfur Dyed Linen Hooded Parka( Ink Black, Navy )23,000yen + tax / CONFECT 

 

 

 

前回好評いただいておりました起毛リネンパーカが素材感と色味を変えて入荷しております。

 

前回の物より、よりリネンらしい軽い表情のパーカ。

 

一般的なスウェット生地のパーカに比べて伸縮性の無い生地なので、衿ぐりやアームホールはゆったりした作りになっており、着脱がしやすい様に工夫されています。

 

 

 

 

 

 

Sulfur Dyed Linen Hooded Parka( Navy )23,000yen + tax / CONFECT 

High Count Linen Band Collar Shirt( White )24,000yen + tax / CONFECT 

Paper Grosgrain Baggy Pants( Light Gray )29,000yen + tax / CONFECT 

Leather Small Shoulder Bag( Black )18,000yen + tax / CONFECT 

side gore boots( Black )58,000yen + tax / Hender Scheme 

 

 

 

 

 

 

25 番手というやや太めの糸を使用することで、程よい厚みと独特の表情を持つ生地に仕上がりました。

 

ほかの厚みのある生地と比べて適度な落ち感もあり、品のあるリラックスした雰囲気をお楽しみいただけます。

 

また、裾にはドローコードが付いており、絞ることでシルエットの変化も楽しめる仕様です。

 

独特な生地とシルエットをもつパーカですが、今回はあえてボトムスも独特なものを合わせてみました。

 

 

 

 

 

 

コットンと和紙糸で構成したグログラン生地で製作したバギーパンツ。

 

凹凸のある表情と、炭染めによってムラのある仕上がりにすることで、CONFECTらしい粗野で味のある雰囲気に。

 

ワイドシルエットでボリュームがあるため、今回のようなゆったりとしたシルエットのパーカとの相性も良いです。

 

どちらも個性のあるアイテムではありますが、シンプルで落ち着いた雰囲気なので相乗効果で互いに引き立てあってくれます。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

パーカの使い方というとついついレイヤードなどに片寄ってしまいがちですが、こちらは一枚着でも様になってくれます。

 

カジュアルなアイテムですが素材感の違いでここまで印象が変わるのが服の面白いところです。

 

パーカと聞かれると抵抗がある方もいらっしゃるでしょうが、一度試着して頂ければ概念が変わるでしょう。

 

もちろんパーカ以外の新作も充実しております。

 

是非店頭でお試しくださいませ。

関連アイテム