1. Top
  2. Blog
  3. FUKUOKA
  4. Hender Schemeといえば…
2019 Jun 25

Hender Schemeといえば…

皆さまこんにちは。

 

福岡店 矢部です。

 

今回のブログでは、前回までご紹介を行っていた“summer style”は一旦お休みして、

マニアックなアイテムをご紹介します。

 

コンフェクトでは馴染みの深いセレクトブランドと言えば、『Hender Scheme(エンダースキーマ)』

6月に19AWがデリバリーされ、すでに手に入れた方も多くいらっしゃると思います。

 

が、今回は、そんなエンダースキーマがその名を轟かせたブランドアイコン的なこのシリーズのご紹介です。

 

 

 

【manual industrial products】*通称“mipシリーズ”

 

このmipシリーズ、写真を見て頂いても分かる通り、

「名作スニーカーを、すべてのパーツを革で再現する」というオマージュシリーズなのです。

 

manual industrial products(=人の手で作った工業製品)という名の通り、通常のスニーカーとは異なり、ヌメ革(天然革)を使用し、多種多様な職人の手で時間を費やし行われる繊細で複雑な工程を得て、単なるオマージュとは言えない全く新しい1足が出来上がります。

 

残念なことに、シリーズ全作を福岡店で扱っているわけではありませんので、全てお見せできるわけでは無いのですが、店頭でご用意しているこちらの5足をご紹介します。

 

まずはこちら。

 

 

 

mip-19 ( natural ) 56,000 yen + tax / Hender Scheme

 

言わずもがな、コ〇バースのオー〇スターです。

ハイカットモデルで履けば履くほど革が馴染み、他のレザースニーカーとは全く違った履き心地が楽しめる名作。

 

続いてはこちら。

 

 

mip-12 ( natural ) 56,000 yen + tax / Hender Scheme

 

こちらはナ〇キのエアプ〇ストのオマージュ。

こちらもスニーカーのように履き込んで味を出していきたい1足。

次にご紹介するのはこの2足。

 

 

mip-11 ( natural ) 38,000 yen + tax / Hender Scheme

mip-18 ( natural ) 46,000 yen + tax / Hender Scheme

 

どこか懐かしい雰囲気すら感じるサンダル型の2足。

俗にいうク〇ックスと〇駄。*どこを伏せればいいのか分かりませんでした…

普段使いでちょっとコンビニまで、という時に大活躍のサンダルですが、ヌメ革となると少し躊躇しそうになりますね。

 

そして最後はこちら。

 

 

mip-08 ( black ) 56,000 yen + tax / Hender Scheme

 

言わずと知れた〇ュー〇ランスの1000番シリーズ。

スニーカー界のロールスロイスと呼ばれる程の履き心地の良さですが、これをALL革で作り上げた名作。

皆さま、ヌメ革と言えば薄いベージュ色を想像されますよね?

実はこの黒色もヌメ革なんです。

ヌメ革とは、植物性タンニンで鞣したものの事で、表面加工を施さないためナチュラルな雰囲気で経年変化を楽しめます。

 

 

mipシリーズ、いかがでしたでしょうか。

 

その他にもHender Scheme(エンダースキーマ)のシューズを多数展開しております。

 

 

peak ( black / snake ) 36,000 yen + tax / Hender Scheme

 

 

PARALLEL/PEAK with tassels ( black / ivory ) 18,000 yen + tax / Hender Scheme

 

もちろん19AWも。

 

 

Haze ( olive ) 44,000 yen + tax / Hender Scheme

 

 

まだまだご紹介しきれないアイテムも多数ご用意しております。

エンダースキーマの歴史、是非店頭にてご体感ください。