1. Top
  2. Blog
  3. GINZA
  4. フーディーな気分 
2019 Oct 20

フーディーな気分 

 

こんにちは。鈴木です。

 

気温がぐっと下がり、ようやくコートなど着られるイメージがつきやすい気候になりましたね。

素材に奥行きが出はじめ、ロング丈のコートや着重ねの選択肢の広がるこれからの時期は個人的に服を着るには一番楽しいです。

店舗には、続々とアイテムが入荷している中で、わたくし鈴木がお勧めしたいコートをご紹介致します。

 

 

サルファーダイモールスキンフーデッドコート ( D.Olive , D.Navy ) 40,000 yen + tax / CONFECT

 

フランネル中綿モッズコート ( Ink Black ) 70,000 yen + tax / CONFECT

 

ウールメルトンフーデッドコート ( Navy ) 64,000 yen + tax / CONFECT

 

今季のアウターは様々ございますが、中でもこの3型をお勧めします。

生地感やシルエットなどバラバラですが、共通しているディテールはフード付きのコートということです。

個人的にフーデッドコートは数年前は良く着ていたのですが、最近はフード無しのアウターを着ていることが多かったです。

そして今回このラインナップを実際に着て見て、それぞれの生地感や雰囲気などが新鮮に思い、この3型に惹かれました。

 

早速ですが、それぞれのアイテムについてご紹介致します。

 

 

まずは、サルファーダイモールスキンフーデッドコート

 

 

 

 

サルファーダイモールスキンフーデッドコート ( D.Olive , D.Navy ) 40,000 yen + tax / CONFECT

コットン馬布レギュラーカラーシャツ ( Natural , C.Grey ) 18,000 yen + tax / CONFECT

ルーズデニムワイドトラウザー ( Black ) 29,000 yen + tax / CONFECT

Scotch Grain Oxford ( Black ) 97,000 yen + tax / QUILP BY Tricker's

 

今期、他ブランドでも出ているフーデッドコートですが、CONFECTらしいサルファ―ダイ(硫化染め)を行い生地感に特徴が出ています。

生地感のアタリや色味が独特で、使い込んだ先の変化も楽しみになる1着です。

 

現場のスタッフから「こんなコートが欲しい」といった声から世に出たアイテムです。

写真の通り、シンプルな作りで素材の雰囲気に焦点を当てたコートになります。

 

印象的なのはハリの強いモールスキン。

コンパクト糸という糸の表面の毛羽を伏せて製造された綿糸を高密度に織った生地を使用しています。

ミニマムなデザインが故に、目がいくシルエットですが、裾に掛けての綺麗なライン、フード形成の自立を補助してくれています。

 

ちなみに、画像で着ている身長175cmの私でサイズは、5という一番大きいサイズです。

個人的にフーデッドコートは、大きめに着る方が今年らしいシルエットや丈がありお勧めです。

また裏無しの一重仕立ての為、先のインナーを着こむシーンを踏まえた上での選択です。

インにパリっとしたシャツ、短靴を合わせカジュアル過ぎないようなスタイルにしました。

 

一番上まで閉めた時のインナーが僅かにに見えるこの開き具合も絶妙でお気に入りのポイントです。

 

 

続いて、フランネル中綿モッズコートから。

 

 

 

 

フランネル中綿モッズコート ( Ink Black ) 70,000 yen + tax / CONFECT

クウォーターゲージボートネックプルオーバー ( Kinari , C.Grey ) 14,000 yen + tax / CONFECT

コットンコーデュロイトラウザー ( Beige , Olive , Navy ) 26,000 yen + tax / CONFECT

THIERS ( Black , Brown ) 42,000 yen + tax / PARABOOT

 

一見してウォーム感の感じられる程よくボリュームを持った中綿入りコート。

 

デザインソースは言わずと知れたM-51から採用されたものです。

CONFECTらしく取り入れるものと除くもの。このバランスを吟味しそこにのせる生地に拘った1着です。

 

今回のタイトルでもあるフードの仕様、腕周りのもたつきの軽減や可動域を広げたラグランスリーブ、フラップ付きのハンドポケット、ウエスト・テールに配置されたドローコード。

随所で忠実に踏襲しながら、エポレット・前開きの比翼を取り払い、身生地にならった配色のナット釦を少しのアクセントとして使用しています。

 

身生地にはコットンフランネルを選択しました。

裏地側にも同素材を採用しており写真でお見せ出来ていませんが、ダイヤ柄のキルティング仕様。

表裏が毛足のある同素材となる事で、表から素材に対して俯瞰してみた際のウォーム感、想定できる肌当たりの柔らかさという第一印象を袖を通した時に裏切らない質感を体感できるはずです。

 

疑問点として、表裏がフランネルという点での袖通しに関して。

この生地厚で且つ、起毛感のある素材なため懸念箇所ではありましたが、毛足の向きを袖が通しやすい方向へと流す工程を経ており、補っています。見てぱっと分かるような点ではありませんが、細かな配慮のもとこのコートの製作に至っています。

 

モッズコートのイメージとして少々遠い位置に感じられる素材ですが、現代の日常着において土臭い男臭さと都会的な部分が共存した佇まいに昇華しています。

 

ミリタリーイメージがあり、武骨や粗野といったワードが浮かぶところですが、ドローコードは絞らずインナーには衿ぐりがざっくりとしたボートネックのカットソーを差し込むことで強い印象を抑え落ち着いたスタイリングにしています。

また革靴など合せるアイテムによってカジュアル感が収まり綺麗めなスタイルになります。

革靴はボリュームのあるタイプを選んで頂く方がコートのボリュームにも負けないのでバランスが良いです。

 

 

最後に、ウールメルトンフーデッドコート

 

 

 

 

ウールメルトンフーデッドコート ( Navy ) 64,000 yen + tax / CONFECT

クウォーターゲージタートルネックプルオーバー( Kinari , C.Grey ) 14,000 yen + tax / CONFECT

コットンコーデュロイトラウザー (Beige , Olive , Navy ) 26,000 yen + tax / CONFECT

Military Cap Toe Chelsea ( Black ) 52,000 yen + tax / Sanders

 

新型のショート丈フーデッドコートです。

 

イギリス海軍が1940年~70年代に採用したスモックを元にCONFECTらしいコートに仕上がっています。

毛並が有るので触り心地も良い綺麗めなアウターです。

またCONFECTとして拘ってきた黒にも振れるような濃色の紺をベースとし、ウール素材の品格を引き立たせる落ち着きのあるコートです。

がしっとしたメルトンの印象はなく、とろみがあり、着用時に生地の動きが感じられる柔らかさがあります。

 

一般に普遍的な秋冬の定番素材のコーデュロイパンツでの合わせ。

確りとこれからの時期を代表するウールとコーデュロイの組み合わせで白色系のパンツであっても秋冬の装いとして落とし込んでいます。

足元は同じ英国のSandersのチェルシーブーツで大人のオフ着をイメージしたスタイリングにしました。

ちなみに、短靴ではなくサイドゴアブーツに選んだのは、ブーツの木型と紐靴にはない流れるようなフォルムが今回のスタイルに合うと思ったからです。

 

 

また前者の2型とは異なり、前開きを閉じた際のフードの重なりが無い仕様となっています。

首元の開きが大きいデザインですので、お勧めはタートルニットやスタンドカラーなど高さのあるインナーの相性が良いと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

個人的にお勧めしたいアウターを厳選してご紹介させて頂きました。

今までフードのアウターですとカジュアルなスタイルになっていたのですが、CONFECTにはカジュアルなアウターでも綺麗にまとめてくれる恰好良いアイテムが多数揃っているので、個人的に選んだのかもしれません。

この他にもアウターはございますが、ぜひ店頭にてお試しください。

 

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NEWS

 

VEST 2 types

 

AUTUMN SEASON SHIRT STYLE

 

DOUBLE CLOTH MOLESKIN ITEMS

 

2019AW COLLECTION

 

関連アイテム