1. Top
  2. Blog
  3. KYOTO
  4. ルーズデニムトラウザー
2019 Oct 29

ルーズデニムトラウザー

 

京都店 金城です。

 

気温はまだ下がりきらないですが、11月も目前で気分はすっかり秋。

京都は秋を飛ばして冬がやってきたりと急に寒くなることもあるので油断ならないですね。

僕自身、秋らしいことは特にしていないですが、気になっていたアーティストのアルバムを聴いたり、楽しみにしている映画がもうじき公開することもあって、まったりと楽しんでます。

ブログをご覧になっている皆さんもこの秋の楽しみな予定はございますか。

店頭もこの時期ならではの充実具合なので、是非、お出かけの予定に加えてください。

 

さて本日のブログは京都店おすすめのパンツをご紹介です。

 

 

ルーズデニムワイドトラウザー  ( Black )  29,000yen + tax  /  CONFECT

 

ルーズデニムという新鮮な響きの生地を使用したトラウザーです。

以前の入荷後すぐに無くなってしまい、ご案内ができておりませんでしたが、再入荷致しました。

デニムという名称で、織り方こそデニムですが、ぱっとイメージができるデニムとはまったくの別物。

堅牢な表情こそデニムの雰囲気がありますが、見て、着て感じる雰囲気は新鮮は感覚のデニムです。

 

 

 

その理由は生地なのですが、5番手の太番手のコットンの糸(かなり太い糸です)を使い生地を織り上げているのですが、その際あえて目を詰めず甘く織っています。

そうした生産過程から使われている糸や見た雰囲気とは対照的に履いた時の緩やかなドレープ感や落ち感が綺麗なトラウザーになっています。

 

 

ディテールはタックなしのシンプルなワイドシルエット。

先述の落ち感から生まれるシルエットはワイドパンツですが、太さが全面に出ることがなく、落ち着いたバランスを形成してくれます。

道着のようなデニムのような、この塩梅のパンツはなかなか無い雰囲気です。

 

 

 

 

ウールコットンキーネックカーディガン  ( Grey )  21,000yen + tax  /  CONFECT

 

Belted Blucher  ( Black )  68,000yen + tax  /  forme

 

シンプルなカーディガンと合わせたスタイル。

ワイドですがぐっと落ち着いたバランスのこのデニムはカーディガンと合わせるとより大人な見え方に。

個人的に革靴を合わせるときはワンクッションさせるのがおすすめです。

 

 

 

 

 

ウールチェックステンカラーコート  ( Brown )  70,000yen +tax  /  CONFECT

 

wholegarment knit vest  ( Grey )  15,000yen + tax  /  crepuscule

 

クラシカルなステンカラーコートをカジュアルに着こなすスタイル。

ここで普通のデニムだとどうしても軽くなりすぎたり、ストリートっぽくなったりと。

勿論、そういったスタイルも良いのですが、カジュアルにより過ぎないワイドデニムを合わせることでチェックの真面目な雰囲気をほぐしつつ、ぐっと纏まる新鮮なスタイルになります。

 

京都店メンズスタッフもお気に入りの1本です。

スタッフは誰かしら着用していると思うので、お気軽にサイズ等、ご相談してください。

 

それでは本日もご来店をお待ちしております。

 

 

 

2019AW COLLECTION CATALOG

 

2019 Autumn & Winter Collection

 

 

2019 AW BRUSHED LINEN ITEMS

 

 

nest Robe CONFECT KYOTO

 

Open 11:30 - Close 20:00

Tel : 075-254-4500

*Facebook   *Instagram

関連アイテム