1. Top
  2. Blog
  3. KYOTO
  4. OLDMAN'S TAILOR 2nd Delivery
2020 Sep 22

OLDMAN'S TAILOR 2nd Delivery

 

京都店 金城です。

 

OLDMAN’S TAILORから2回目のデリバリーが到着。

以前の1回目の新作をご紹介した時はまだ夏といった感じで先物という見え方でしたが、気温も下がってきた今、秋物もリアルになってきましたね。

今年は夏らしいことをあまりできなかったせいか、嫌いな夏が終わるのがなぜか寂しいですが、何より服を楽しめる季節がすぐそこに来ている事には嬉しさがありますね。

 

それでは早速、ご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

ROYAL WORK PANTS OG CHINO  ( Brown )  38,000yen + tax  /  OLDMAN'S TAILOR

 

前回にご紹介したジャケットと同素材のワークパンツ。(前回のブログはこちら)

染めも入れていないナチュラルかつ堅牢な表情はこのブランドらしい生地のチョイス。

軍パンベースでありながら、ブランドならではの仕立ての良さが加わり、品を持った表情になっています。

イギリスの軍パンをサンプリングしつつ、ロイアルエアフォースのアビエーターコートのポケットのディテールをミックスしたオリジナルの軍パンにはない、やや特徴的なバランスです。

ジャケットとのセットアップスタイルはユニフォーム的な格好良さがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

SACK COAT OG CHINO  ( Brown )  78,000yen + tax  /  OLDMAN'S TAILOR

 

こちらも同様に染めの入れていないオーガニックコットンを使用したチノで仕立てられたサックコート。

元々雰囲気のある生地ですが、それを贅沢に分量感を活かした綺麗なAラインのコートに。

サックコートらしいコンパクトなカラーやラペルの端正な表情にこのコートも様々なディテールがミックスされています。

モーターサイクルコートに見られる貫通式のポケットやコートの裾部分に付くストラップなど。

ミリタリー、ワーク、トラッドを柔軟にテイスティングするOLDMAN'S TAILORの定番のコートです。

 

 

 

 

 

 

 

WORK JACKET  OG CORDUROY  ( Natural )  52,000yen + tax  /  OLDMAN'S TAILOR

 

前回ご紹介のワークジャケットの生地違いとなるこちら。

素材は柔らかなタッチと色味が特徴のコーデュロイ。

始めから柔らかさのある素材ですが、こちらも着込んでいくとチノとは違ったクタッとなった表情が楽しめそうですね。

チノに比べより季節映えする素材なので、個人的にこちらはローゲージのニットといったざっくりしたアイテムとのスタイルが気になります。

ごつめのフィッシャーマンセーターにマフラーをぐるぐるに、コート代わりにこのジャケットを羽織る。

なんて大分先の事まで自然と考えさせられる素敵なジャケットです。

 

 

 

 

 

 

ROYAL WORK PANTS OG CORDUROY  ( Natural )  42,000yen + tax  /  OLDMAN'S TAILOR

 

こちらも同様にコーデュロイが使用されたワークパンツ。

型は上でご紹介しているワークパンツと同じです。

チノはハリがあり、シルエットがぱきっと出る感じでしたが、こちらは落ち感が魅力。

生地の柔らかさからくる自然な落ち感はワンクッションさせる着方がおすすめです。

汚れなどが気になりやすい明るい色味のパンツですが、このパンツに関しては汚れても、それも雰囲気の一つとしてしまうような説得力がありますね。

ビンテージを育てるイメージで履いてほしい1本です。

 

 

それでは本日はここまで。

是非店頭にて袖を通して頂きたい洋服達です。

 

無理のない範囲でのご来店をお待ちしております。

 

 

皆様に安心してお買い物頂けますよう、ご来店頂いたお客様には下記のご協力をお願いしております。

・店内でのマスク着用

・店内入り口での手指のアルコール消毒

・お客様同士、STAFFとの安全な距離を保つようお願いいたします。

 

P.S.

 

P.S.

 

P.S.

 

P.S.

 

 

CONFECT  KYOTO

 

Open 11:30 - Close 20:00

 

Tel. 075-254-4500

 

関連アイテム