1. Top
  2. Blog
  3. OMOTESANDO
  4. 秋の訪れ
2018 Sep 7

秋の訪れ

 

こんにちは菊地です。

 

酷暑の8月が終わり、

秋の入り口でもある9月に入りましたね。

まだ台風後で残暑は続いていますが、

皆さんは秋と言えば何を思い浮かべるでしょうか?

食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、紅葉の秋。

私は地元山形へ久々に帰省した際、

郷土料理で有名な芋煮を堪能してまいりました。

東北は既に気候が涼しく、

秋の訪れを肌で感じることが出来ました。

 

CONFECTでは色や素材感に暖かみを感じられるアイテムが出揃ってまいりましたのでご紹介致します。

 

 

 

Delave Suede Skipper Neak Pullover  ( Khaki , Olive , C.Gray )  15,000yen + tax / CONFECT

 

 

 

生地表面には起毛加工を施しており、滑らかなスウェードタッチを表現しています。

「Delave(デラヴェ)」とはフランス語で洗いざらしの意味。

風合いのある生地感がCONFECTらしさを醸し出しています。

今季のテーマでもあるAndrew Wyethの絵画をイメージとした雰囲気のある色合いへと仕上がりました。

 

そしてこちら。

 

 

 

Cotton Boa No Collar Jacket  ( Brown , Black )  34,000yen + tax / CONFECT

 

 

 

 

 

起毛を掻いた面は本来であれば表面の生地として使われていますが、

起毛面を裏使いをする事により、

暖かみのある製品に仕上げています。

ウエストにパッチポケットを配置した一見シンプルなノーカラージャケット。

ざっくりとした平織りで、三子糸(みこし)と呼ばれる原糸を3本引き揃えて構成した糸で織られた生地により、目の細かい起毛が表現されています。

 

 

 

 

 

Blushed Linen Easy Pants  ( D.Khaki , Black )  27,000yen + tax / CONFECT

 

身長170㎝、上下共に着用サイズ3。

インナーに合わせているスキッパーは衿の開きが深過ぎず、一見シャツの装いで着ていただけますが、ロンTの様に伸縮性と柔らさがあります。

ジャケットは表面のカリッとした質感と相反して、裏面は起毛のふっくらとしたソフトな肌当たりとなるため、ギャップが感じられる面白さがあり、また着心地の良さへと繋がっています。

今であればカットソーやシャツ合わせ、アウターとしては勿論の事、秋本番であればコートと合わせてインナージャケットとしてもお使いいただけます。

 

是非、店頭にてお試ししてみて下さい。

それでは皆様のご来店をお待ち致しています。

 

 

" nest Robe CONFECT ONLINE SHOP "

nest Robe CONFECTのアイテムをオンラインショップにてお取り扱いを開始しております。

新作の秋物アイテムが出揃って来ておりますので、是非ご覧くださいませ。
 

 

" nest Robe CONFECT 2018A/W  ~ Andrew Wyeth ~ "

CONFECTがリリースする新型のアルスターコートは
そのイメージを纏う、今期の主役のアウターです。
トレンチコートの原型と言われる「アルスターコート」。

CONFECTらしい解釈のもの簡素にデザインして、
クラシカルな本来の形とは異なる、実にシンプルなアウターへと昇華させています。

 

" Interpretation on Military ~ Brushed Cotton Twill Products ~ "

CONFECTが継続してプロダクトに落とし込む「漂うミリタリー」。

今期はアンドリュー・ワイエスの絵画から想起される
素材感や色味をファブリックに表現していますが、
プロダクトの根幹となる要素はミリタリーが大半です。

 

" Umeda 3rd Anniversary Limited Bag "

こちらは開店3周年を記念して、

梅田店限定アイテムを2018年9月7日(金)より発売致します。

 

 

 

関連アイテム