1. Top
  2. Blog
  3. TAKASAKI
  4. 自分だけの相棒に 
2021 Feb 4

自分だけの相棒に 

 

 

 

皆様こんにちは。

高崎店 大倉です。

 

 

 

年が明け、もう2月。

毎年言っている様な気も致しますが月日というものは、あっという間に過ぎてしまいますね。

 

 

普段、何気なく身につけている物って、

ふと気が付くとそれらが経年変化していて嬉しくなる瞬間が多々ありますよね。

 

レザーの変化、リネンの変化、アクセサリーの変化。

 

 

本日は長くお付き合いいただける、STUDEBAKER METALS (スチュードベーカーメタル)のバングルをご紹介です。

 

 

 

 

WORKSHOP CUFF (AMERICAN BRASS)/STUDEBAKER 

STUDEBAKER CUFF (AMERICAN BRASS)/STUDEBAKER

WORKSHOP CUFF (STEARING SILVER)/STUDEBAKER

STUDEBAKER CUFF (STERLING SILVER)/STUDEBAKER

 

 

2人の熟練の金属細工師によってU.S.A.で制作されており、一つ一つハンマーを使用してハンドメイドで制作されています。

メタルを溶かして型に流したり、削り出してつくるアクセサリーと違い、とても強度の高い仕上がりになります。

 

 

今回、入荷したのはデザインはツイスト型(STUDEBAKER CUFF)、平打ち(WORKSHOP CUFF)の2型で、

素材はシルバー(銀)とブラス(真鍮)が、それぞれに入荷しております。

 

 

Work Patinaというブランド独自の仕上げで、

あえて磨きやコーティングをせずに無骨な雰囲気に仕上がっております。

 

このシルバーバングルを、数年間、肌身離さず愛用していらっしゃる方のものを見せていただのですが、

くすみはほとんど消え、いやらしくない輝きのある経年変化をしておりました。

 

 

普段から身に着けることを繰り返すことで自分だけの完成品になる。

 

そんな印象を受けました。

 

それはCONFECTの洋服と通ずるところがあるなと思いました。

 

 

長年相棒のように付き合って頂きたいアクセサリーです。

 

 

バングルは欲しいけど過去にバングルが折れしまってトラウマに、、、なんて方はいらっしゃいませんか?

実際に自店のスタッフに該当者がいました。。。

 

 

何度も広げたり縮めたりすると折れてしまいます。

ですので、一度幅を決めて動かさなければ折れることはそうそうありません。

 

最後に私がインディアンジュエリーショップで教えてもらった付け方をご紹介致します。

 

 

手首を返して、手首より下の中央にくぼみがあるので、

そこに写真のようにバングルを押し当てます。

 

 

そのまま回転させると最小幅で付けることが出来ます。

 

外すときは逆の手順です。

 

 

 

正しく、大切に付き合っていけばよいものはいつまでも使い続けられます。

 

 

皆さんの自慢の相棒も教えてください。

 

 

本日も店頭でご無理のない範囲でのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- NEP JERSEY - 

 

 

- Trema Dye Linen - 

 

- BASE WEAR -

 

 

 

CONFECTでは一緒に働く仲間を募集しております。

販売スタッフの応募はこちらの応募フォームより詳細をご確認の上、必須事項を入力しエントリーしてください。

 

CONFECT高崎店

〒370-0849

群馬県高崎市八島町46-1高崎オーパ2F

TEL 027-386-8041

営業時間 10:00~21:00