1. Top
  2. Blog
  3. UMEDA
  4. 充足のために
2018 Sep 15

充足のために

(The Village https://www.imdb.com/title/tt0368447/)

 

アーミッシュ。

情報技術の発達した現代において。

18世紀以前の文化水準をほぼ厳守し、宗教的スローライフを営むドイツ系の移民。

もともとは。

本人の分別が付く前に受けた洗礼は無効!!

成人してから、ちゃんと決めて洗礼しませんか??

と。

提唱した一派の人たちが迫害され、ユートピアを求めアメリカに移り住んだのが元なのだとか。

その暮らしぶりは。

「大草原のちいさな家」のようだと認識している、梅田店の嶋岡です、こんにちは。

アメリカ版ジプシー的な印象で見ていたのですが。

ちょっぴりとニュアンスは違う模様。

 

2018AWフェアのテーマは「アーミッシュ」。

nestRobeのコーディネートやカラーを見て、思い出したの映画が、「The Village」。

色々なものは棚に上げて。

アメリカの原風景が垣間みえます。

そうしたアーミッシュの生活における、洋服は。

質素であること。

そして。

自分の色を持ち、長く着続けること。

洗濯ものを見れば。

村中がどこの誰の物かが分かるというのだから、その徹底ぶりや言わずもがな。

そんな。

自分の一着として、愛着が沸く洋服が入荷しています。

 

Molskin Crew Neck Vest (Kinari, D.Brown) 27,000yen+tax / CONFECT

 

 

 

Moleskin Wide Tapered Trousers (Kinari, D.Brown) 30,000yen+tax / CONFECT

 

 

 

柔らかなコットンモールスキンのベストと2タックトラウザーズ。

毛羽の少ない糸を確りと撚り、目を詰めて織り上げた生地に、丁寧に起毛を掻くことで、柔らかで上質な肌触りになります。

生地の柔らかさに加え、製品染めによる風合いが、優しく素朴な味わいを出してくれます。

クルーネックの優しい首元と、大き目のパッチポケット。

ややスクエアーなシルエットが素材感を引き立たせ、どこか懐かしい雰囲気に。

ワークパンツを思わせるトラウザーズはステッチを隠し、ウエスト天狗で腰回りをスッキリと見せることで、粗野に見せ過ぎない工夫があります。

 

 

 

 

そんな。

カジュアルな印象のワークベストに落ち着いたスラックスでのセットアップ。

畏まり過ぎない。

程よい落ち着いた雰囲気が楽しめます。

製品染め特有の色落ちと、起毛素材だからこその独特のあたり。

着用を繰り返すことで、馴染み育つ感触は一入です。

 

せっかく。

新しい物や、便利な物があふれる文化的で豊かな社会に居るのだから。

確りと見て、深く考えて、自分で決める。

過去の人達がそうしたように。

ちゃんと選ぶという行為を、堪能してみては如何でしょうか。

 

それでは、本日も店頭にて。

 

P.S.

9月14日(金)から24日(月・祝)までの期間中「Amish -アーミッシュ-」を開催。

25,000円(税抜)以上お買い上げ頂いた方に、nest Robe オリジナルホーローマグカップをプレゼントいたします。

※ノベルティーは数に限りがございます。無くなり次第終了となります、予めご了承ください。

※Atelier nest Robe 南青山店、軽井沢店は対象外です。

 

P.S.

 

P.S.

 

住所:
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪 南館4F
電話番号:
06-6374-1130
営業時間:
10:00-21:00
※グランフロント大阪の営業時間に準ずる

関連アイテム