1. Top
  2. Blog
  3. UMEDA
  4. Hard Twist West Point WWB Trousers
2019 Feb 27

Hard Twist West Point WWB Trousers

皆様、こんにちは。

梅田店の藤原です。

 

3月もすぐそこまで来ています。

やはり、頭は春物の気分へとシフトしております。

この時期になると、軽快で春らしいパンツが欲しくなります。

ということで、本日私がご紹介致しますのはこちらです。

 

 

 

Hard Twist West Point WWB Trousers (Natural,Khaki) 23,000yen + tax/CONFECT 

 

 

メインマテリアルは太番手のコットン強撚糸を使用したウエポン(ウエストポイント)素材です。

撚りを強める事で、しっかりと綾目が立ち、ハリとコシのある素材感が印象的です。

そもそも、ヴィンテージミリタリーシャツにも使用される等、ハードなイメージのウエポン素材ですが、敢えて高密度に織り上げず、あまめに仕上げる事によって軽快でしなやかな質感です。

又、製品染でなく先染めを施す事によって、着用による経年変化の表情は、ユーズド加工等とは異なり、非常にリアルでありながら、どこか都会的で大人っぽくもあり、男臭いラギッドな仕上がりです。

 

 

 

ハイウエストに仕上げられており、フロントにワンタックが施されたクラシックな印象。

タックが入る事によって腰回りの膨らみが生まれ、よりテーパードが効いている様に見え、比較的にスッキリとしたワイドパンツです。

又、ボタンはナット釦を使用し、股上の深めなこちらのパンツを、よりクラシックな印象へと導いています。

 

 

 

通常のトラウザーと比べると、少々角度があり、手を入れた時に非常におさまりの良いフロントポケットと、片玉縁で丁寧に仕上げられたバックポケットです。

 

 

 

 

 

ヴィンテージミリタリーシャツ等に見られるウエストポイント素材をコンフェクト流に、軽快でソフトな仕上がりに落とし込んでいます。

ミリタリーテイストから来る、男性的でラフアンドタフなイメージを上手くタウンユースへアップデート。

個人的には、この深めの股上を強調して、トップはタックをメインにしてクラシックなイメージにてスタイリングを楽しんでおります。

モードやキレイ目から、ヴィンテージスタイルに代表されるオールドやクラシックカジュアルに至るまで、幅広いスタイリングに対応してくれます。

間違いなく抜群の安定性が有るパンツです !

是非、店頭にてお試し下さい。

では、このあたりで失礼致します。

皆様のご来店、スタッフ一同お待ち致しております。

 

P.S.

 

P.S.

 

P.S.

 

P.S.

 

 

 

住所:
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪 南館4F
電話番号:
06-6374-1130
営業時間:
10:00-21:00
※グランフロント大阪の営業時間に準ず

 

関連アイテム