1. Top
  2. Blog
  3. UMEDA
  4. 軍隊ポロネーズ
2019 Jun 24

軍隊ポロネーズ

ポーランドと言えば。

真偽は兎も角。

数年前。

もと総理大臣がスパイだったという、ゴシップの類が世間を賑わせたのをほんのりと記憶しています。

あとは何でしょう。

ガーッと蹂躙されては、独立を繰り返す。

闘ういじめられっ子の印象があります。

いじめっ子は、ドイツとソビエト。

もといロシアですかね。

空爆で破壊された街並みを。

完全無欠に再現するあたりにポーランドの国民性を感じる、梅田店の嶋岡です、こんにちは。

東側諸国からの脱却から、丁度30年。

いまでは。

ヨーロッパ屈指の穏やかな国に。

そんな有為転変を感じられるアイテムが入荷しました。

 

 

実際に使用されていた軍事用品をリメイクしたシリーズ“RE:BORN”.

ARTS&CRAFTS とPEACEから生まれたロゴタイプは、生活を根幹に据えるブランドだからこそ。

70年代。

マルクスレーニン主義のもと、ソビエトの衛星国として苦しい時代にあったポーランド軍のテント生地を材料に。

自由で平和な時代を表現します。

 

FLAP SHOULDER (Olive) 12,000yen+tax / ARTS&CRAFTS

 

軍隊で広く使われてきた、ショルダーバッグ。

縫製箇所を省きながらも。

強度を求めた直線的なディテールが、ミリタリーアイテム独特の恰好良さを漂わせます。

 

 

留め具はシンプルなドーナツ釦。

似つかわしい。

ヘリンボーンのショルダーテープ。

やや細めのテープ幅を変えずに、そのままぐるりとマチに回すことで。

そのらしさと。

アーバンアイテムとしてのスマートさを兼ね備えています。

また。

フラップに隠れるロゴタイプが、コンセプトを語ってくれます。

 

 

内側を返すと。

大き目の小分けポケットと、ミルスペックの代わりにARTSANDCRAFTSのタグ。

心をくすぐる演出と、デイリーに使えるスペックを有します。

 

 

デイパックがそろそろ暑く感じる時季。

必要な物だけを詰め込んで。

トップスもボトムもバッグも軽く。

でも。

どこか雄々しさがあるのは良いものです。

 

DRAW STRINGS POUCH (Olive) 9,000yen+tax / ARTS&CRAFTS

 

ショルダーバッグに加え、もうひとつ。

メディカルポーチをカスタマイズしたシンプルなポーチ。

底板を入れていないため、やや丸みを帯びるシルエット。

このフォルムが。

泥臭さと軽快さのバランスを絶妙にとってくれます。

 

 

こちらも。

ミルスペックの代わりにARTSANDCRAFTSのタグ。

じつに惹かれます。

 

 

ショルダーバッグよりも、さらにラフな立ち姿。

その軽装さからは。

装備の一つであった物が。

現代の生活に寄り添ったファッションアイテムとして生まれ変わったのを感じます。

 

洗練さとも、無骨さとも少し違う。

勇壮さと、活発さとを備えたバッグ。

ぜひ普段の生活に取り入れて、スタッカートの利いた日々を過ごしてみませんか。

それでは店頭にて。

 

P.S.

 

 

P.S.

 

 

 

住所:
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪 南館4F
電話番号:
06-6374-1130
営業時間:
10:00-21:00
※グランフロント大阪の営業時間に準ず

 

関連アイテム