1. Top
  2. Blog
  3. UMEDA
  4. これぞ、ユーティリティーウエア
2019 Aug 8

これぞ、ユーティリティーウエア

皆様、こんにちは。

梅田店の藤原です。

まだまだ、暑い日が続いておりますが、そろそろ秋物の立ち上がりの時期でもございます。

しかし、確りとした秋物はまだ早いとお考えの方におすすめのアイテムがございます。

では、最後まで宜しくお願い致します。

 

 

 

リネンカバーシャツ (Brown,C.Grey)22,000yen+tax/CONFECT

 

 

糸の段階で染色された先染めの上質なリネンを使用。

縦糸、緯糸を少々異なる色で織り上げる事からうまれる味と深みがございます。

又、ゆるいテンションで仕上げた生地に、洗いをかける事によって生まれた凹凸により、地肌との接地面が軽減され、空気の層が出来るので非常に快適です。

 

 

古い年代のミリタリーや、ワーク物に見られます台襟の無い簡素な作りの襟の仕様です。

首周りの干渉が少なく、ストレスがございません。

 

 

 

フロントのポケットは、敢えて両サイドの巻縫い部分に端を縫製し、自然な動きの中で手をもっていきやすい位置に施されております。

又、ポケットの入口に張りを、生みますので、前方にポケット口が垂れ下がる現象を極力避けています。

 

 

背中はバックヨーク無し、センターのハギが無い一枚仕立てです。

革ジャン等では、贅沢の極みと証されますが、生地物でも同様です。

背中の中央にハギを入れ、2枚の生地を使用すると裁断時生地の取り分が良く、コストも落とせますが、敢えて一枚にしているのは背中にとって非常に重要な運動量を損なわない為です。

何気ない事の様に思いますが、この質実剛健な考え方は、コンフェクトが真剣に物作りを行っているファクトリーブランドである証です。

 

 

 

 

カバーシャツ。

この聞き慣れない言葉は、カバーオールとシャツジャケットをかけ合わせた当ブランドの造語です。

私の見解としましては、カバーオールつまり、ジャケットよりのシャツといった印象であり、この時期からは日除けも兼ねた羽織りの要素が高いです。

ボトムスはショーツで軽快に仕上げ、トップスは長袖をロールアップしてバランスを取る。

これが、真夏の大人のスタイリングの基本です。

ジャケット要素が強いので、ご覧の様に、シャツの上から羽織って頂いてもしっかりと役割をはたしてくれます。

まさに、コンフェクトのものずくりの軸にございますユーティリティウエアといった印象を受けます。

真夏には羽織り、真冬にはシャツとしてのインナー使いとして、ユーザー次第で長く楽しんで頂ける優れものです。

現在、お陰様で大変ご好評を頂いております。

是非、ご来店頂き、体感してみて下さい。 納得の一着だと思います。

 

P.S.

 

 

P.S.

 

コンフェクトが雑誌に記載されております。

ご興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。

 

 

P.S.

 

 

P.S.

 

 

住所:

〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪 南館4F

電話番号:06-6374-1130

営業時間:10:00-21:00

※グランフロント大阪の営業時間に準ず

関連アイテム