1. Top
  2. Blog
  3. UMEDA
  4. 昔と今の違い
2020 Jun 10

昔と今の違い

皆様、初めまして。

本日から梅田店のブログに参加する、藤原拓磨です。

宜しくお願いいたします。

ミリタリーやワークが好きで、普段からヨーロッパのヴィンテージウェアをよく着ています。

ミリタリー、ワーク、トラッドをベースとし、素材に拘り、デイリーウェアとして落とし込んだCONFECTの洋服が好きになり、日々店頭におります。

最近では、ヨーロッパだけでなくアメリカのヴィンテージウェアにも興味が湧き、特にアメリカ軍のアイテムが持つ洗練された機能美が魅力的です。

 

本日はそのアメリカ軍のアイテムからBDUジャケットをベースにタウンユースを意識した服のご紹介です。

ロスコ社のBDUジャケットとCONFECTのBDUジャケットを比較して触れていきたいと思います。

 

 

BDUジャケットとは、バトルドレスユニフォーム(Battel Dress Uniforme)の頭文字を略した言い方です。

元は駐屯兵に支給されていたギャリソンドレスユニフォームの対にある位置で、戦闘を考えて開発された為、このように呼ばれております。

1980年代から制式採用され、戦闘服や作業着として着用されていました。

この年代からアメリカ軍全軍の戦闘服が、約20年程をかけて統一されました。

 

 

 

コットンリネンラミーBDUジャケット (Khaki,D.Navy) 35,000yen+tax / CONFECT

 

こちらがCONFECTのBDUジャケットです。

ミリタリーの要素をポイントで捉えることで、ミリタリーの独特な野暮ったさを感じられません。

シンプルなディティールだからこそ、素材を重視し、タウンユースとしての実用性を高めております。

 

 

一般的なBDUジャケットにはリップストップ生地が採用されております。

リップストップ生地とは、太いナイロン繊維を格子状に縫い込む事により、生地の強度を増しています。

生地裂けが起こったときには、このナイロン繊維が裂けの進行を防いでくれます。

アウトドアにも用いられることが多く、丈夫な生地となっております。

 

 

比べてCONFECTのBDUジャケットは、光を通す程に甘く、軽さのある生地は清涼感を与えてくれます。

シャリっとした肌当たりで、肌離れが気持ちが良いです。

糸には、リネン、ラミーにナイロンを加えることで、生地全体が補強されております。

そうすることで、薄く甘い生地でありながらタフなハリを感じられます。

 

 

本来のポケット仕様は、ジャングルでの行動時に枝や蔓に引っ掛からないように内釦になっております。

前身モデルであるジャングルファティーグ2ndタイプから採用され続け、こちらにも引き継がれました。

 

 

対して、内釦を省くことで、ポケットを利用する時に釦の開け閉めを必要とせず、自然にスッと物を出し入れがしやすくなっています。

マチもあり、ポケットが4つもある便利なポイントはそのままです。

軽くお出掛けをする時には、携帯、財布と必需品は確り入ります。

ちなみに僕が使っている財布は幅19高さ10奥行き2(cm)のサイズなので、ご参考にどうぞ。

 

 

最後に、袖は起動性を求められていたこともあり、細身で身体に沿うシルエットです。

通常の戦闘服にはエルボーパッチは無いのですが、幅広く着用されていた、このBDUジャケットにはそのディティールがあります。

袖口にはアジャスターが付いており、閉じることで防塵機能を持ちます。

 

 

タウンユースを考えて、袖は一枚袖になっており、縫製上の張りが無くなる事で柔らかなシルエットになりました。

袖口のアジャスター部分も無くなり、軽快にロールアップも出来ます。

 

 

 

NYLON RIP-STOP BALLON HAT (Beige,Black) 12,000yen+tax / COMESANDGOES

丸胴ヘビー半袖Tシャツ (Off White,Navy,Ink Black) 8,500yen+tax / CONFECT

馬布クロスショーツ (Beige,Black) 15,000yen+tax / CONFECT

PACIFIC (Brown,Navy,Black) 34,000yen+tax / Paraboot

 

さらっと羽織り、Tシャツとショーツで合わせました。

涼感のあるアイテムなので、これからの季節にこそ活躍します !!

是非、手に取ってご覧いただきたいと思います。

 

最後までご覧いただき有難うございました。

どうぞ、ご無理の無い範囲でのご来店を心よりお待ちしております。

 

P.S.

 

P.S.

 

P.S.

 

P.S.

 

住所

〒530-0011

大阪府大阪市北区大深町4-20

グランフロント大阪 南館4F

電話番号06-6374-1130

短縮営業時間11:00-20:00

*グランフロント大阪の営業時間に準ず

関連アイテム