1. Top
  2. Blog
  3. UMEDA
  4. 足すことの「さ」
2020 Sep 11

足すことの「さ」

「らしさ」。

人や事の特徴を表す言葉であるのだけれども。

厳密に言うと。

「らしい」+接尾語の「さ」。

「らしい」が、正しく資質を備えていることをしめし。

「さ」で、状態や程度、性質を表すのだとか。

事物の属性を解説するにしても。

単一の構成であることは極めて稀なこと。

だからこそ。

純粋な。

見て、聞いて、触るなど、五感を余すことなく活用し収集した情報をもとに。

比較し、抽象化し、概念化し、判断し、推理する。

脳の総力を挙げて、本質と意義の理解に至る。

実に高度な、精神的能力を要する「らしい」。

ざっくりとした特徴を吸い出し。

程よく形を整え、ある程度の曖昧さを許容するための「さ」。

識別子のような厳格さが無い分。

使う人間の知性を包容する。

やさしい社会のオブラードであり、解釈に自由を与える余白なのでしょう。

巷で見聞きする。

「自分らしさ」という表現。

そもそも。

自分という個々の存在に対して。

自身に足り得る資質を備えうる他者はありえないため。

どういったシチュエーションで発するべきなのか、思案が余る梅田店の嶋岡です、こんにちは。

自己中心的な性根が大いに見て取れます。

ともあれ。

「自分=らしい」+「さ」という言葉には。

こんな風になれたら良いなという、将来像や。

ちからを込め頑張るんですという、意思表示。

「さ」の部分には伸びしろや、願望が込められているんでしょうか。

そう考えると。

「さ」という表現に込められた、奥ゆかし「さ」に共感を持ちます。

 

 

リネンウールツイルジャケット ( C.Grey ) 53,000yen+tax / CONFECT

 

リネンウールツイルトラウザーズ ( C.Grey ) 33,000yen+tax / CONFECT

 

確固たる。

「らしい」を持つ紳士服において。

CONFECTという洋服屋が。

紳士服の枠組みを逸脱しないかぎり。

「さ」の部分にこそ、果たすべき役割があるというもの。

例えば。

ツィードのジャケット。

本来。

猟や釣り、サイクリングに用いるアウトドアウェアとして、広がったツィードジャケットは。

重厚感があり、粗野であり、品がある。

地味であり自然に馴染む、複雑な配色。

そして。

こなれるまで3年は要するという堅牢さ。

それこそ。

ツィードジャケットとニッカポッカとベレー帽、そしてパイプ。

そんな出で立ちを思い描きます。

実にカッコ良いです。

しかし。

昔に。

自然環境で着用することを前提として、設計されたツィードジャケット。

それを今の生活に馴染むように着ようと思えば。

ツィードジャケット足り得る「らしい」を確保し。

その在りようを、如何に解釈し、表現をするか。

まさしく「さ」の部分をどう形にするのか不可避な課題です。

その見極めと。

生地やシルエット,ディテールに至る心配り。

それらから成り立つ。

袖を通した時の高揚感と、しっくりと染み入る着心地の良さ。

その紳士服との向き合い方が、CONFECT「らしい」洋服の在り方です。

 

(着用:2019年購入分)

 

ルーズデニムテーラードジャケット ( Black ) 43,000yen+tax / CONFECT

 

ルーズデニムワイドトラウザーズ ( Black ) 29,000yen+tax / CONFECT

 

なにかで。

「お洒落の本質はお洒落に見えてはいけないこと」という言葉に触れたことがあります。

袖を通す人間の性質と、衣服とが乖離してはいけないということなのでしょう。

一見。

前に紹介したサプールの話とは真逆に思えるのですが。

コンゴのジェントルマン達は、自己の主張や存在価値を表現できうるスーツを選び、そのスーツを着るに値する人間性の琢磨に余念がないことへ、理解が及びます。

服に人間が寄せていくイメージですかね。

対して。

人に沿う洋服があります。

1年,2年と年を重ねることで、すっかりと自分の一部となった洋服。

着馴染むという言葉を使うことが多いのですが、親しむという方が良いでしょうか。

着る人の主体を大切に、自然に似合う洋服、似合っていく洋服。

それこそ。

「らしい」に加えた「さ」が、すっかりと収まり「らしさ」になる感じですかね。

そんな。

CONFECT「らしさ」を纏える洋服が入荷しています。

 

意外と難しいと言われる自己認識。

自身の言動の理由や、自分が世界をどのように見ているか。

また、世間からどのように己が見られているかなど。

バランスの扱いがとても大事かと。

今のコロナ禍にあって、どうにもこうにも後者へウェイトが寄っている気がします。

肩が凝りましたよね。

ちからを抜いて、手足を伸ばして。

「自分らしい」に「さ」を足しにいらっしゃいませんか。

嬉しさ。

楽しさ。

幸せさ。

いろんなを気持ちを洋服に籠めて。

三者三様のスタッフがお待ちしております。

 

P.S.

 

P.S.

 

P.S.

 

P.S.

 

住所

〒530-0011

大阪府大阪市北区大深町4-20

グランフロント大阪 南館4F

電話番号06-6374-1130

短縮営業時間11:00-21:00

*グランフロント大阪の営業時間に準ず

 

関連アイテム