1. Top
  2. Blog
  3. UMEDA
  4. アメリカ黄金期の代表作
2021 Sep 2

アメリカ黄金期の代表作

皆さまこんにちは。

 

梅田店の藤原です。

 

まだまだ、残暑が厳しいですが、CONFECTらし配色のチェックシャツのご紹介です。

 

 

 

ウールチェックキャンプカラーシャツ(CHECK)¥27,500(税込み)/ CONFECT

 

 

メインマテリアには、尾州産平織りのウール素材を使用。

主に縦方向に縮絨させる特殊な加工を施す事により、夏の素材で有名なシアサッカーの様な、立体的で凹凸があるのが特徴的です。

自然な伸縮性と、地肌への接地面が少ない事による快適性に富んだ印象で、オールシーズン着用可能です。

又、こちらのチェック柄に関しましては、ヨーロッパのミリタリーにて支給されていたハンカチを元に作成されており、こちらもCONFECTらしい背景がうかがえます。

 

 

 

 

何と言っても黄金期である50年代のアメリカにて流行したこのキャンプカラーが特徴的です。

台襟がなく、スクエア気味な襟周りより、非常にスッキリとした印象であり、襟自体も大きくないので着回しやすいですね。

又、ラウンドがなくスクエアな裾に対して、両サイドのスリット仕様もキャンプカラーシャツの特徴的なディテールになります。

この手のシャツは、通常フラップ付きの両胸ポケット仕様というのがお約束かと思いますが、敢えて軽さを出すために無くしているのも潔くて良いですし、レイヤードをしても表に響かないので、スッキリと上半身を纏めれます。

非常に細かいですが、フロントのボタンホールは横向きに切られておりますので(通常シャツは縦向きに切られる事が多い。)分量が多めで仕上げられたこちらのシャツを羽織や、軽いジャケットとして見立てて頂いても様になります!

個人的にはファッションというのは、このあたりの細かなディテールとスタイリングとのバランスをとっていく事が面白いと感じますね。

 

 

 

かなり分量があり、ライトなウール素材を採用している事もあり、シャツとしては勿論ですが、この様に、シャツジャケットやCPO、又、羽織りとしてのスタイリングも楽しんでいただけます。

シャツの上からのレイヤードなんていうのも良いのではないでしょうか。

年代を問わず、古着やヴィンテージでは見た事がない配色のチェックは、トップ糸から作成したオリジナル生地だからこその魅力が有りますね。

今回スタイリングを考える上で、何かでエッセンスを加えたいと思い、敢えて自分としてはワンサイズ大きいサイズ4をチョイスし、軽いアウター要素としてくんでみました。

使用する素材を考慮し、肩の傾斜等、日本人に合わせたパターンで作成されるCONFECTらしいアイテム。

サイズ感で遊んで頂いても、確りとおさまりますよ。

 

まさに、ファクトリーブランドとしての強みですね!

 

是非、手にとってお試し頂き、自分のフィッティングやスタイリングを楽しんで頂きたいです。

 

 

皆様におきましてはご無理の無い範囲でのご来店をお待ち致しております。

 

P.S

梅田店のInstagramがスタートしております。

梅田店スタッフがお届けしたい情報をクイックに発信しております。

是非、フォローをお願い致します。

梅田店Instagram @confect_umeda

 

 

 

 

 

〒530-0011

大阪府大阪市北区大深町4-20

グランフロント大阪 南館4F

Tel.06-6374-1130

 

時短営業中 11:00-20:00

※グランフロント大阪の営業時間に準ず

 

関連アイテム